おすすめのオーディオブック 「Audible」と「audiobook.jp」の比較

audiobook.jp
スポンサーリンク

毎月10冊ほどのオーディオブックをひたすら聞いているサラリーマンです。

 

そのオーディオブックを聴くなら、「Audible」と「audiobook.jp」が間違いなくオススメです。

今回は、その2つを比較して、選りすぐりのメリットを紹介します

 

 

本記事の内容
「Audible」と「audiobook.jp」の比較
・「Audible」にしかないメリット
・「audiobook.jp」にしかないメリット

 

 

オーディブル(Audible)のメリット

毎月1コインもらえる

オーディブル会員(毎月1,500円)は、毎月1回1コインをもらえる。

この1コインでオーディブルが扱う書籍をどれでも購入することが可能。

※1500円以上の書籍でも価格にかかわらず購入できる

 

 

購入後365日以内に返品可能

オーディブル会員は、会員特典の1つとしてオーディオブックを購入後365日以内に返品可能。

返品すると1コイン返ってくるので、それでまた別のオーディオブックを購入する事ができる。

※返品方法についてはこちらの記事を参照

 

単品購入は定価の30%引きで購入できる

オーディブル会員の場合は、オーディオブックをコインではなく、単品で購入する場合、定価の30%引きで購入可能。

 

 

「Audible Station」が楽しめる

オーディブル会員特典として、「Audible Station」が無料で聴き放題。

「Audible Station」とは、ビジネス、お笑い、落語、歴史などのコンテンツがあり、

書籍というよりは、ラジオ感覚のようなものが多い。

 

 

 

休会ができる

1カ月から3カ月まで1か月単位でAudible会員プランを休会することができます。

休会期間中は、1,500円の会員費を払う必要はなし。

ただし新たにコインが付与されることはありません。

<休会中にできること>
・貯まっているコインを使うことができる
・「Audible Station」を聴ける
・定価の30%引きで購入可能

 

 

英語書籍が多い

もともとアメリカのAudibleが日本へ進出しているので、洋書のオーディオブックは約40万冊。

日本で一番豊富です。

英語学習したい方にもオススメ。

 

 

 

 

 

「audiobook.jp」のメリット

聴き放題プランがある

約1万点のオーディオコンテンツを月額750円で、好きなだけ聴くことができる。

たくさんのオーディオブックを聴きたい方にオススメ。

 

 

和書の取扱い数が日本一

配信数が約27,000点。国内で最も多くの和書を取り扱っている。

※聴き放題プランは約1万冊対象

 

 

割引セールがある

オーディオブックを期間限定による割引価格で購入することができる。

予告して大々的にやる場合と、予告なしに1日限定でやる場合もある。

お得にオーディオブックを購入できるチャンスがあります。

 

 

 

まとめ

「Audible」と「audiobook.jp」どちらも魅力的なメリットがあります。

私がオススメするオーディオブックは両方を使い分けて利用することです。

 

新しい新書で人気のあるものは、「Audible」の1コインで購入。

お得に利用できます。

 

ただそれだけだと、別購入月に1冊しかオーディオブックを聴くことができないので、

「audiobook.jp」の聴き放題プランでひたすら興味のある本を聴く。

 

これが、私がオススメするオーディオブックの利用方法です。

「Audible」と「audiobook.jp」共に、現在最初の1ヶ月は無料で利用できるサービスを行なっています。

実際にぜひ試してみてください。

 

 

・アマゾンオーディブル(audible)

公式ホームページ:https:/www.audible.co.jp

 

 

・オーディオブック(audiobook.jp)

公式ホームページ:https://audiobook.jp/

 

 

 

 

コメント