オーディオブックにあるポッドキャストって何?

audiobook.jp
スポンサーリンク

オーディオブックを毎日聞くのが習慣のどこにでもいるサラリーマンです。

 

さて今回は、オーディオブックで聴けるポッドキャストについて書きます。

 

そもそもポッドキャストって何?

 

ポッドキャストとは?

ポッドキャストは、「iPod」と「broadcast」を組み合わせた造語。

元々はipodで生まれたサービスだけど現在ではipodだけでなく色々な端末で聴けます。

定期的に配信されるのが特徴の一つ。

 

あるトークテーマに対してラジオ形式のように話したり、時事ネタを読み上げたりなど。

 

オーディオブックのように完成された一つの作品というよりは、現在進行形で配信されているリアルなライブ感を楽しめるといった感じでしょうか。

 

 

 

オーディオブックにあるポッドキャストとは?

さて、そんなポッドキャストがオーディオブックのサービスから聞くことができます。

今回は、有名どころの「audiobook.jp」と「Audible」から紹介します。

 

audiobook.jpの場合

ポッドキャストの取り扱いが豊富で有料と無料で楽しめるものがあります。

 

例えば、

「聴く日経」

月額550円の有料。

平日の毎朝6時に日経新聞の主要ニュースが配信されます。

 

「浜松町Innovation Culture Cafe」

聴き放題プランに入っていれば無料で聴ける。

毎週土曜日に配信され、「いかにしてイノベーションを起こすべきか?」などをテーマに経営者を招いてトークをする番組。

 

 

 

「Audible(オーディブル)」の場合

オーディブルには、ポッドキャストという言葉はないのですが、

似たようなサービスがあります。

それが「Audible Station」。

 

オーディブル会員なら無料で聴くことができます。

作品としては例えば、

 

吉本芸人生存確認テレフォン

東野幸治が“生存確認”をすべく、若手からベテランまで片っ端から直接電話をかけ、今どういう状態なのかを聞き出すという内容。

新型コロナウイルスの影響でステイホームを余儀なくされた芸人が今どうなっているのか気になりますよね。

 

 

 

 

オーディオブックでポッドキャストを聴くメリット

ポッドキャストは定期的に配信されるものですが、

オーディオブックでは過去の配信されたものをまとめて聴くことができます。

好きな番組だとずっと聴きたい!

それができちゃうのがいいですよね。

 

 

オーディオブックは、長くても数時間で完結してしまいますが、

ポッドキャストだと何十時間もまとめてあったりするんです。

長距離のドライブとか通勤とかでずっと聴けますね。

 

 

また、直近の時事ネタやリアルな今の情報を得ることができるのもメリットです。

本という完成されたものだと、どうしても時間差ができます。

 

例えば新型コロナのように一週間後の状況が違った世の中になっていたとしても、ポッドキャストでは現状を踏まえた内容で会話されていたりします。

 

 

 

こんな感じにオーディオブックでポッドキャストを聴くメリットはたくさんあります。

最近では、このポッドキャストに力を入れてきて色々な作品が出てきているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

 

個人的には、リラックスしたい時とか堅苦しい内容に疲れた時に聞いたりしています。

ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

コメント