住宅購入 〜事前準備編〜

住宅購入
スポンサーリンク

住宅購入に2年を費やし、念願のマイホームを手に入れました。

購入までは大変な事が多かったですが、買って良かった!と本当に思える物件に出会えました。

その時の体験を基にブログを書いていきますので、これから住宅購入をしようとしている人へ参考になれば嬉しいです。

物件購入の価格帯を決める

住宅購入を考えたあなたは、具体的に物件情報を見たり、不動産屋に足を運んだりと具体的に行動に移すと思います。

その前に、事前準備としてこれだけはやっておいてほしい事があります。

それは、物件購入のおおよその「価格帯」を決める

 

もし、何も決めずに不動産屋に足を運んだ場合、年収を聞かれ銀行ローンが組める上限あたりの価格帯を勧められる事が多いです。

ローンを組める額 ≠ 暮らしに余裕を持って生活ができる額  は違います。

 

不動産屋は、より高い金額の物件を購入してもらった方が、自分や会社に入ってくる利益が多くなる為、当然高い金額を勧めてきます。

 

ある程度「価格帯」が決まっていれば、無駄に価格帯に沿わない物件を見る手間もなくなる為、「価格帯」を決める事は、とても重要です。

 

価格帯はどうやって決めるか

価格帯の決定は、自分自身又は夫婦で話し合って月々のローン返済額や、今後の出費などを考慮して決められればと一番良いと思います。

 

ただ、そう簡単に決められない方は、ファイナンシャルプランナーに相談するのもありだと思います。

利用したことがない人にとって、一体この人たちは何をするのかというと、

ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner)は、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ファイナンシャルプランナーといっても銀行系や保険、不動産、など様々います。

大概、住宅ローンのアドバイスは初回無料だったりします。私も何度か利用しましたが、

それぞれ無料の訳があるという事も相談する上で頭に入れておいてください。

 

銀行系のファイナンシャルプランナー

住宅を購入する際、住宅ローンを紹介し契約につなげたい。

保険系のファイナンシャルプランナー

住宅を購入する際、火災保険加入や生命保険を紹介し、契約につなげたい。

不動産系のファイナンシャルプランナー

自社で取り扱っている住宅を購入してもらいたい。

 

個人的には、不動産系のファイナンシャルプランナーは、あまりお勧めしません。

これは、より第三者的な目線でアドバイスしてくれないからです。

目先にある住宅を買わせたい、また高い金額の物件を買ってもらった方が

直接利益に繋がるという事情がある為、あまり参考にならない事が多いです。

 

相談するなら、銀行系か保険系のファイナンシャルプランナーが良いかと思います。

 

長い目で、今後の人生設計を考えてくれ余裕のもった「価格帯」を掲示してくれるファイナンシャルプランナーの方に相談する事をお勧めします。

 

事前準備 おまけ

物件購入をする事前準備として、次にあげる項目は、必ずしもやっておかなければならない訳ではないですが、やっておくとよりスムーズに物件購入が進むので参考に書きます。

 

・本やネットで物件購入の知識を得る

これは、何も予備知識がないまま不動産屋に行くと、よくわからないまま相手のいいなりになってしまうのを避ける為や、知っておいて得する情報があるのでお勧めします。

私は、不動産屋に足を運ぶ前に物件購入に参考になりそうな本を10冊程読んでからいきました。 笑

ある程度、購入イメージがついた点は良かったです。

↓お勧めはこちら↓

 

・物件の条件を決める

物件の条件を決めることで、ある程度しぼって物件を探す事ができ、無駄な労力がなくなります。

例)日当り条件、エリア、駐車場スペース、土地面積、等

 

特に希望エリアを決めると、物件探しがより具体的になります。

範囲が絞れているので希望の物件が出てきた時に、早く気付くことができるのでお勧めです。

 

 

さて、これで事前準備は整いました。

いよいよ具体的に物件購入へ向けて行動していきましょう。

コメント