住宅購入時の値引き交渉

住宅購入
スポンサーリンク

値引き交渉しなきゃ損

住宅購入は何千万と大きな額になってくる。

その分、値引きされる額も大きく、数百万単位で値引き出来ることがある。

だからこそ、ダメでも値引き交渉をするべきである。

 

恥ずかしいとか、面倒くさいとかの理由で、そのまま提示されている額で購入するのはあまりにも、もったいない。

 

大抵の人にとって人生で1番大きな買い物であって、値引きできる金額も人生で1番といっていいほど、高額になってくるのだから。

 

ちなみに私は、住宅購入時に値引き交渉して300万円値引いてもらいました。

 

値引きするタイミング

物件を見学に行き、この物件に決めるとなった時に仲介業者を通して値引き交渉するのがおススメ。

 

間違っても、物件見学中に買うか買わないか決まってない段階で、値引き交渉だけしてみるというのは、やめた方がいい。

売主の印象を悪くするだけである。

 

値引き理由は具体的に

値引き交渉する際に、ただ漠然と値引きしてほしいと言うのではなく、具体的に値引き理由を言う事をオススメする。

 

例1)

近くに同じ大きさの物件で、300万円安く売りに出ているんですけど。

ただこちらの物件の方がとても綺麗に使用されているので、同じ額という訳にはいかないと思います。可能であれば、あと200万円値引きしていただけたら、今すぐに契約したいんですけど、どうでしょうか?

 

例2)

今までみた物件で一番理想の家です。

ただ購入予算が4千万円のため、あと250万円値引きしていただけたら、

今すぐに契約したいのですが、いかがでしょうか?

 

〈ポイント〉

・具体的な数字を出す。

・値引き次第ですぐに購入することを伝える。

・物件をさりげなく褒める。

 

 

裏技)

これは、実際に仲介業者の知り合いから聞いた実話だが、物件見学中に売主に直接交渉して、値引きしたお客様がいたとのこと。

この場合のメリットは、仲介業者を通して交渉していないこと。

仲介業者にとって高く売った方がその分仲介手数料を多くもらえるので、値引き交渉しても売主に伝えず断るケースもある。
また、仲介業者は売主との関係性を重視して過度な値引きを避ける場合もある。

それならば、直接売主と交渉してしまおうという荒業(笑)

ただ、これは一歩間違えると印象を悪くするので、かなり交渉が上手い人に限る。
私にはそんな勇気がなく出来なかったが。。。

 

 

値引きしやすい物件

・すでに売主が引っ越している場合。

・引っ越す期日が決まっている物件。

・売り出してから半年以上経っている物件。

こういった場合は、値引きできる確率が高くなる。

売主が、売るために焦ってくるので、このまま売れないよりは、値引きして売った方がいいと判断する場合があるからだ。

 

値引きしにくい物件

 

・売り出した直後の物件

・売る期日が決まっていない物件

この場合は、売主が物件を売るのに焦っておらず、じっくり良い条件が来たら売ろうとする場合が多いので、なかなか大幅な値引きは難しい。

値引き幅

値引き幅は、その物件の状況によって大分異なるが、50~300万円くらいが多い。

売れ残りの物件でたたき売りする場合は、500万円以上の値引きをする場合もある。

某大手の○田グループは、売れ残りに対しては、かなりの値引きをしてくれるケースがある。

以上、今回は住宅購入時の値引きについて書いてみました。

ダメでもとりあえず交渉してみましょう! 何度も言いますが言うのはタダです。

そして、人生で一番大きな値引きができるチャンスです。

コメント