斜面の庭に初めて除草シートを張ったメリット&デメリット

庭の雑草対策
スポンサーリンク

こんにちは!

二児のパパをしている庭いじり好きなサラリーマンです。

 

わたしは、庭に天然芝のエリア除草シートのエリアをつくっています。

 

 

今回の記事では、

斜面40°に除草シートを実際に張ってみて

感じたメリット、デメリットについて紹介します。

 

 

 

除草シートを張ったメリット

・雑草が生えてこない。

・斜面のため雨が降っても水たまりができない。

・強風や大雨でも剥がれたりすることなく、しっかり止まっている。

・鳥や虫がほとんど来なくなった。
(以前雑草だらけの時は、鳥や虫が来ていた。)

・斜面の為、除草シートの上に土や葉っぱが溜まりにくい。

・除草シートを張ってから何もしなくていいのでラク。

・除草シートを剥がせば別の用途に使いやすい。

 

 

 

除草シートを張ったデメリット

・斜面の庭に除草シートを張る作業は大変。
(平地の方が楽です。)・除草シートのつなぎ目を止めたテープが少し目立つ。・天然芝にはどうしても見た目で劣る。

・コストがかかる。(50㎡くらいの庭で、除草シート、ピン、テープ、接着剤等、合わせて5万程かかった。)

・施工によってコケが生える
葉っぱや花びらを吸収しない。
※詳しくはこちらの失敗談で書いています。

 

 

 

まとめ

斜面の庭を除草シートにしてみて結論からいうと、

大変満足しています。

 

 

デメリットの面もありますが、メリットの方が遥かに大きいです。

 

 

わが家は小さい子供が二人いるので、

今はできるだけ庭の管理に時間を割きたくないのです。

 

 

このさき子供が成長し時間に余裕ができたら、

この斜面の庭で何か植物や作物を育てたいという思いもあるので、

そう意味で除草シートという選択は良かったです。

 

 

おかげで

雑草伸び放題だった庭から解放され、

除草作業に追われることもない生活を手にすることができました。

 

 

同じように庭の管理に悩んでいる方の参考になればと思います。

 

 

 

 

コメント